風俗を辞めてお昼の仕事がしたいときはどうするべき?

風俗を辞めてお昼の仕事がしたいときはどうするべき?

風俗店を辞めたくなったとき
風俗店を辞めたくなったとき

風俗店の業種を変えたくなったときはこの大阪 梅田求人

 
デリヘルの求人をしている人の中には、求人自体をやめてお昼の求人をしたいと思っている人もいるでしょう。
確かにお昼の求人の方が人にも言いやすいですし、 お昼の求人することに憧れを持っている人もいるかもしれません。
しかし、今までデリヘルの求人だけをしてきたにはかなり厳しいかもしれません。

というのも、社会的なマナーと教養、常識などが使えて当たり前だからです。
また、正しい日本語や敬語が使えることも当たり前だとされています。
何もできないまま就職してしまうと、 同僚に陰口を叩かれてしまう可能性も高いですし、求人を回してもらえないかもしれません。

もちろんお昼の求人では当日欠勤は NGです。
ひどい場合だとクビにされる可能性もあります。
デリヘルの求人は自由な時間働けましたが、お昼の求人はそうではありません。
職種にもよりますが、シフトが組まれていますし、休みの日も決まっています。
そして、朝早い時間に起きて夜遅くまで働くのが一般的です。
とても規則正しい生活を送ることが前提とされていますので、昼夜逆転していた人からするととても辛く感じてしまうかもしれません。

それに、お昼の求人はデリヘルよりも給料が安いです。
収入の面ではかなり激減してしまうので、金銭感覚が狂っているといきなり借金を抱えてしまうことになるかもしれません。
憧れだけで昼食についてもやって行けない可能性が高いです。
デリヘルからお昼の求人に変わる前にまずはアルバイトなどから始めてみるのもいいかもしれません。
アルバイトで一般的な常識やマナーを身につけてから、一般企業に就職するのがベストでしょう。

デリヘルの求人を辞める前に、お昼の求人で働けるか考えてみて

お昼の求人に憧れる人も多いかもしれませんが、いざ働いてみると自分の居場所がないと感じてしまうかもしれません。
デリヘルの求人が辛いと思っていても、性に合っている可能性もありますので、引退してしまう前に少し考えてみましょう。

確かに体を使うので、ハードな求人ではありますがその分自由がきいて働きやすい求人でもあります 。
お店によっては、自分が住んでいる家から送迎してくれることもありますので、通勤はかなり楽なはずです。
お昼の求人だと、満員電車やバスに乗る必要がありますので毎朝ぎゅうぎゅう詰めの通勤ラッシュを体感することになるかもしれません。
お昼の求人もデリヘルも良いところと悪いところがありますので、自分が求人辞めてからどうするのかよく考えてから、アクションを起こした方がいいでしょう。

デリヘルの求人をやってみたものの、自分には合っていなかった。
というわけで退店するデリヘル嬢が多いそうです。
しかし、デリヘルという求人をひとくくりにしてしまうのは少しもったいないです。
ほらそこにはたくさんの業種があります。
デリヘルやソープ、オナクラやメンズエステなどたくさんの業種があります。
例えば、オナクラでは全然稼げなかったけれど、ヘルスに行ってみると稼げるようになった、反対にヘルスの求人が辛くなったけれど、メンズエステやオナクラだと楽しく求人ができるようになった、というケースも考えられます。

なので、今の求人が辛くなったのならまずは業種を変えてみても良いかもしれません。
お客さんと本番をすることが嫌なら、本番をしない求人が選べば良いですし、お客さんに触られたり触ったりすることが嫌ならオナクラなどの業種を選択すればいいです。
働き始めたときはなんともなかったけれど、途中で恋人ができてデリヘルの求人を続けたくなくなったという場合は、本番をしない求人を探してみましょう。

もちろん引退するという方法もありますが、興味本位ではなくお金が必要で働き始めたのなら、結局またお店に戻ってしまうことになってしまいます。
お店にもよりますが、アリバイ工作をしてくれるところもありますのでそういったサービスを活用しながら働き続けてみませんか?

実は、恋人絡みでデリヘルを辞めたいと言う話はよくあるケースです。
お金の為に稼いでいるのなら割り切ってしまうほかありません。
少しでも自分ができそうな求人を選んで働くようにした方がいいでしょう。

デリヘル嬢が辞めたくなる時

デリヘル嬢の中には、デリヘルを辞めたくて仕方がなくなってしまうことが多々ある、という女性の数は多いようです。お金がどうしても必要なので、たくさん稼げるデリヘルのお仕事をしばらくは続ける必要がある。でも、デリヘルで働くのがやっぱりしんどい…できれば働きたくない、休みたい。
そんな風に考えながら、イヤイヤながら働いていると、それがおじさんにも伝わってしまい、せっかく稼ぎたくてデリヘルで働いているのにも関わらず、思うように稼げなかったり、常連さんがつきにくかったりということになってしまいます。
デリヘル嬢がデリヘルを辞めたくなってしまうときというのは、どのようなときが多いのでしょうか。

生理的に無理なおじさんばかり続くとき

クサイ、汚い、イヤミや説教しかしない…デリヘル嬢が生理的に受け付けないおじさんばかりが続いてしまうと、頑張ろうという気持ちも薄れてしまいがちです。
特に、本番を強要してくる本強おじさんや、店外強要おじさん、本気で付き合いたがるおじさんなど、とんだ勘違いおじさんばかりやってきて、断っても断ってもしつこくされたりすると、デリヘル嬢の心も病みがちに。
あまりにもしつこいおじさんには、時には我慢しないでビシッと言ってしまっても良いのではないでしょうか。

お店のスタッフや同僚デリヘル嬢と折り合いが悪い場合

中には、色恋管理をしてこようとしたり、本番講習をしてこようとするお店のスタッフや店長に辟易している、というデリヘル嬢もいます。
また、同僚のデリヘル嬢がプライベートを詮索してきたり、嫌がらせをしてきたりといったことに悩んでいる、という声も。
おじさんばかりではなく、一緒に働いているデリヘル店側や同僚のデリヘル嬢に問題があって辞めたくなってしまうこともあるようです。

思うように稼げなくなってきてしまったとき

一生懸命頑張っているつもりなのに、なかなか売上げに繋がらない。年齢のせいなのか、常連さんがどんどん離れていってしまい、一見さんも次に繋がらない。そんなときには、これ以上頑張っていても果たしてお金が稼げるのだろうか…と不安になって辞めたくなる場合も。
しかし、借金を抱えている場合などは特に、辞めたいけど辞めれない、でも働いていても思うように稼げないというジレンマに陥って、身動きが取れなくなってしまい、何もかもがイヤになってしまう場合もあるようです。

辞めたくなったりイヤになったりしたときにはどうしたら良いの?

辞めたくて仕方がなくなってしまったけど、事情があって辞めるに辞めれない。そんなときには、とにかく気分転換して頑張るしかありません。
不安やイラ立ちの原因については、仕事を離れたら頭から追い出すように努めましょう。プライベートな時間でまで、仕事での嫌な記憶を引きずっていると、ストレスから解放されません。
店長やお店の女の子たちとの相性が悪いなら、お店を移籍することを考えたほうが良いかもしれません。別のお店に移籍したら、気分よくお仕事できるようになったというデリヘル嬢も多いです。
結局は、人間関係が上手くいっているとお仕事も気分良くできたりするもの。良いお店には良いスタッフと質の良いおじさんがつくものです。逆に、お店の質が悪いとデリヘル嬢もスタッフもおじさんの質も悪かったりします。お給料面ばかりを重視していると、ついついそれを忘れがちになりますが、働く環境の居心地の良さも大切です。
お仕事を頑張ることは大切ですが、頑張りすぎて鬱になったり追い詰められたりしないよう、自分自身を適度にセーブしながら頑張りましょう。